マエストロ・ラトルに聞く~③バーンスタインとマーラーのカップリングについて

ロンドン交響楽団(LSO)を率いて9月に来日する、同楽団音楽監督のサー・サイモン・ラトル氏(以下R)に聞きました。

―大阪だけで実現する、バーンスタインとマーラーのカップリングについて一言お願いします。

R:前者と後者には、どこか精神的に共通したものがあると思うし、どちらの曲にも強い祈りがあります。それに何しろバーンスタインは、皆さん知っての通り、マーラーの演奏には情熱のすべてを捧げていた。マーラーその人になりきってしまい、本当にすごかった。マーラーの使徒。作曲家と指揮者の感情のありとあらゆるものが音として伝わってきました。

そして私自身、マーラーの「第9」は特別。スペシャルな曲です。1991年にバーミンガム市響と来日したとき、そして2011年のベルリン・フィルとの来日公演でもこの曲を演奏しましたから、日本では今度で3度目。図らずも音楽監督を務めるオーケストラと日本に行くときには、必ずこの曲を指揮していることになります。本当に偉大な曲です。

写真:サー・サイモン・ラトルとロンドン交響楽団 (C)Doug Peters


サー・サイモン・ラトル指揮 ロンドン交響楽団
2018年9月23日(日)14:00開演
フェスティバルホール

公演の詳細はこちら

top

マエストロ・ラトルに聞く~②バーンスタイン「不安の時代」

ロンドン交響楽団(LSO)を率いて9月に来日する、同楽団音楽監督のサー・サイモン・ラトル氏(以下R)に聞きました。

―バーンスタイン生誕100年にあたるツアーに「不安の時代」を選んだ理由を教えてください。

R:レナード・バーンスタインは言うまでもなく、20世紀の巨人のひとり。作曲家としても指揮者としても。私の父はジャズをやっていたし、自分もドラムをやっていたし、バーンスタインの作ったミュージカルやジャズ的な音楽は憧れでした。バーンスタインの音楽は大好きです。

彼のミュージカル「ワンダフルタウン」はベルリンでもジルベスターコンサートでやったし、ロンドンでも先日やりました。つくづく素晴らしい音楽です。

そして知っての通りバーンスタインには別の顔もあって―― いや、別ではないですね、同じ根っこから違う方向で表現をした、というべきか―― とてもシリアスな交響曲を3つ書きました。その1つが「交響曲第2番・不安の時代」。イギリスの詩人W.H.オーデンによる、第2次世界大戦中の人々の苦難や孤独を書いた詩を、6楽章の交響曲として音楽にしたものです。

ここにはオーデンの詩とともに、バーンスタインの愛と祈り、伝えていかなければいけないという強い思いがつまっていて、私もこの曲をぜひ彼の生誕100年というメモリアルイヤーにあちらこちらで演奏したいと思っていたのです。そしてこれはピアノ協奏曲的な音楽で、ピアニストがとても重要なのだけれど、実はクリスチャン(・ツィメルマン)は昔、バーンスタインがLSOでこの曲を指揮したときのソリストで―― 彼はバーンスタインにすごく信頼されていたからね。ウィーン・フィルとブラームスやベートーヴェンの協奏曲を全部録音しているし―― そのときからマエストロが、自分が100歳になったらまたぜひこの組み合わせで演奏しよう!なんて冗談を言っていたらしい。指揮者は自分になっちゃったけど、概ね実現しましたね。

こうして最高のピアニストであるクリスチャンとのコンビで、今シーズンはベルリン・フィルともLSOとも、この「不安の時代」をツアーに持っていっています。

写真:サー・サイモン・ラトルとロンドン交響楽団 (C)Doug Peters


サー・サイモン・ラトル指揮 ロンドン交響楽団
2018年9月23日(日)14:00開演
フェスティバルホール

公演の詳細はこちら

top

マエストロ・ラトルに聞く~①LSOのこと、今後の活動について

ロンドン交響楽団(LSO)を率いて9月に来日する、同楽団音楽監督のサー・サイモン・ラトル氏(以下R)に聞きました。

―LSOのこと、今後の活動についてお聞かせください。

R:私は15年以上もベルリンという地で、ベルリン・フィルというスーパーなオーケストラの芸術監督を務め、そして故郷へ帰ってきました。LSOは私にとってとても新鮮!ずっと外国を本拠にしていた、という意味からでもあるけれど、ロンドンではフィルハーモニア管を振ることが多く、ご存知の通り私はバーミンガム市交響楽団の音楽監督としてそこにエネルギーをフルに注いでいましたからね。しかし今こうしてLSOの音楽監督となって活動を始め、改めてLSOの素晴らしさに目を見開かれています。灯台元暗し、ですね。

そして私たちは今後もっと向上していきたい。もちろん死んだ演奏は無意味で、1回1回生きた演奏をしていかないといけない。そしてLSOが今まで続けてきた理念の1つは、私がベルリン・フィルと進めてきたこととリンクしていて――それはオーケストラの、社会における教育的、社会的使命。これらをすべて含めて、やりたいプランはたくさんあります。ワクワクしていますよ。

写真:ロンドン交響楽団 (C)Ranald Mackechnie 2015


サー・サイモン・ラトル指揮 ロンドン交響楽団
2018年9月23日(日)14:00開演
フェスティバルホール

公演の詳細はこちら

top

ラトル&ロンドン響、9月に来日!

2002年よりベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督兼首席指揮者を務めるサー・サイモン・ラトル(=写真(C)Oliver Helbig)。昨年9月より母国イギリスの名門オーケストラ、ロンドン交響楽団(LSO)の音楽監督に就任し、現在はベルリン・フィルと兼任しています。そして今シーズン、在任期間16年でベルリン・フィルのシェフを退任し、2018-19シーズンからはLSOに専心。シーズン冒頭の今秋、新たなパートナーを率いて初の日本ツアーを敢行します。

ツアーが発表された当時から話題なのが、大阪公演の曲目です。
前半はレナード・バーンスタインの生誕100年を記念して交響曲第2番「不安の時代」。この協奏的な作品のピアノ独奏を務めるのは、バーンスタインとたびたび共演しているクリスチャン・ツィメルマン。「ウエストサイド・ストーリー」や「キャンディード」などと比べてなかなか演奏される機会が少ないバーンスタインのシンフォニーを、しかも名手の競演で堪能できるのはメモリアル・イヤーならでは。
バーンスタインといえば、“マーラー・ブーム”の火付け役として知られています。そのマーラーが完成させた最後の交響曲で、マーラーの集大成ともいうべき第9番が後半の曲目。9番はラトルがここぞという時に取り上げる作品で、新パートナーとのお披露目ツアーにかける意気込みを感じます。また、9番は単独で取り上げられることも多いだけに、バーンスタインとの組み合わせは演奏時間の長さだけとっても驚きのゴージャスさ!この2曲は大阪だけの特別プログラムです。

新しい時代の幕開けに立ち会える、前代未聞のカップリングをお聴き逃しなく!

サー・サイモン・ラトル指揮 ロンドン交響楽団
2018年9月23日(日)14:00開演
フェスティバルホール

公演の詳細はこちら

top